上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:-- | PageTop↑
ひめひび2人クリア
たぶんキャラによって日数は変わるでしょうが
27日間のうち個別キャラルート3日というのは……
その前に2人に焦点を絞ったルートが5日ありましたが
どちらかというと1人に絞ってじっくりと見られたほうが嬉しかったです
今回のゲームでの一番の目的は攻略対象外の林斗先生との再会
と言う時点で色々間違い。BADENDに萌えてる場合か!?(笑)
彼は教師としては問題ありの言動なのに、ちゃんと生徒を温かく導いている先生らしさ
生徒と恋愛関係になった後の決着のつけ方など
乙女ゲームの攻略対象だった先生キャラの中で一番印象に残っています。
前作からのムードメーカー、ハイテンションキャラの
顕くんが攻略可能となったのも嬉しい要素ですv
現在彼のルート進行中、休日デート直前で寝オチしました(^^;
光くんは相変わらず健気で可愛い!!
大和くんの共学に対する意識が後退した感じは少し残念。

新キャラで気になっているのはハタチの転校生伊吹
アル&風太ルートだけでは、経歴も裏で何をやっているのかも大半がまだ謎
初対面時から服装や他の生徒との距離が気になったアルは
解放して幸せにしてあげられたので、例え個別ルートが3日でも良しとします!

基本的に主人公=自分な乙女ゲームで一般的に求められるものは
普通の女の子な主人公なのでしょうが、
個人的には相手キャラが惚れるだけの理由を感じられる主人公が好み。
TAKUYOの乙女ゲームは強烈個性の登場人物たちに対抗できる
我の強い主人公が好きだったので、年々大人しくなっていく気がして寂しいです…
日記 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009/06/29 11:05 | PageTop↑
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
HalfAdderサイトTop + HOMEに戻る +
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  09  06  05  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。